8コア2GB/Andoroid6版の中華ナビはサブウーハー出力の調整が可能?

AutoPumpkinのネタがないよー(´д`)

セリカが帰ってこないので、しばらくPumpkinちゃんともお別れしている状態なので、あまりネタもないのですが(そしてもう十分出し尽くした感)

中華ナビシリーズ、RK3188から一世代進化した8コアの車載用Androidが出回ってきていますね。日本の販路ではまだ目立って見かけませんがAliexpressでは、8コア(PX5)、2GB RAM、Android6 版がメインラインナップに登場しています。Intel ATOMを搭載したものも?

汎用2DINの10.1インチ版は、まだなかなか見つからないのですが、Pumpkinちゃんの10.1インチと、外観全く一緒な感じのものを見つけました。

SuperNav (FN-1000)

って書いてあるけど、検索しても何もヒットしない謎製品w

Octa Core 2 din android car radio 2din New Universal Car GPS with dvd car double din Car PC Stereo video with DVD Radio GPS wifi-in Car Multimedia Player from Automobiles & Motorcycles on Aliexpress.com

まあ、チップが変わるだけで、外装は同じでしょうから、そこはうらやましいなぁと思うだけで済むのですが、説明画像の中に気になるものが!

アンプ設定内に「SUB」の項目がある

これは気になる…。Pumpkinちゃんでは難易度の高い改造が必要だったサブウーハー出力の調整が、標準機能で出来るようになっているということでしょうか…?それとも雰囲気だけのものでしょうか?(^_^;

それ相応に調整が出来るなら、そのためだけにでも買い換えようかな…とも思ってます。もちろん2GBメモリ・8コアも気になりますしね!

どなたか、Android6版をお持ちの方(というかPX5系?)、状況を教えてもらえないでしょうか(^_^;

 

2017/07/11追記

調整は可能でした→【TB103AP】サブウーハー出力がいじれるようになった!編 |8コアAndroid6 2DIN車載ナビ【XTRONS】

 

NOW ON PX6!地デジ付 https://www.amazon.co.jp/dp/

 

4 thoughts on “8コア2GB/Andoroid6版の中華ナビはサブウーハー出力の調整が可能?”

  1. kyosukeさん、お久しぶりです!
    以前(昨年夏ころ)、文鎮化の危機に陥った際お世話になりました(笑)

    その際はカスタムROMで救われましたが、その節では情報提供有難う御座いました。

    自分もやはりXTRONSのTB706APL 8コア アンドロイド6が気になっています。

    起動時間が早いらしく、それだけで購入を検討しています。

    実は諸事情(介護)あり、愛車自体の買い替えも検討していまして、その際に端末も更新を検討しています。

    昨年7月新車購入したは良いものの、ヴェゼルHV RSセンシングでは介護には適さずやむなく買い替えを検討中です...。

    もし、端末を購入し情報得ましたらまたお邪魔しますね。

    1. ヴぇぜるさん、ご無沙汰しております!
      無事に(?)文鎮化を避けられたようで良かったです(^_^;

      新世代版は、旧世代の微妙に残念なところが解消されてるらしい…というだけでソソりますよね…(^_^;

      事情でお車も変更されるかもしれないとのことで、お察しします。

      まだあまり出回っていない6系の情報、楽しみにしています( ´▽`)

      ・・・というか、おそらく僕も出揃い始めたら載せ替えたいと思っていますw

  2. 全く同じ商品ではないですが、2GB、ANDROID6.0のアンプの調整にSUBの調整バーはついていますよ。
    1GBバージョンと違い、動きがサクサクしていて快適です。

    1. MTOTさん、こんばんは!
      非常に興味深い、そして物欲をそそるコメントありがとうございます!( ´▽`)

      実際、SUBの調整でサブウーハー出力レベルは変化しますか?

      Android6系統はアンプのICがそもそも別の物のようで、非常に気になります。
      10.1インチが出回ったら、メモリ2Gはやはりうらやましい・・・遅かれ早かれ、買い換えると思いますw

      貴重な情報、ありがとうございました!

コメントを残す