【TE103P】Malaysk氏謹製カスタムROM6.2版に書き換えてみる【XTRONS】

TE103PにMalaysk氏謹製カスタムROM6.2を焼いてみる

ちょっと忙しくて、本気でいじれてません(´д`)が、とりあえず車に載せる前に、カスタムROM焼きをしておきました。流れだけ紹介します。

各フローの所要時間の参考になれば幸いです。書き換えは粗大ゴミ化の可能性があります。メーカー保証もなくなりますので、自己責任で。

純正状態

MCU は2017-10-22 版の MTCE_GS_2.70_3 でした。

ビルドNo. は上記の通り。

カスタムROM焼き後はこうなります

※MCU2.72になっていますが、これは後で別にやってます。

カスタムROM焼きの流れ

カスタムROM(update.img)を書き込んだSDを「GPS」と書かれたスロットに差し込むと…

更新確認画面が立ち上がります

純正からカスタムROMへの書き換えなのでユーザデータなどはまるまる削除するほうがいいでしょう。Wipe data and format flash!にチェックを入れて…Installを押すと…

再起動されます

ROM書き換えスタート

再起動すると、ドロイド君が現れて Installing system update… の画面が 3分ほど続きます。下のゲージが徐々に伸びますので、しばらく待ちましょう。…

↓約3分後

ゲージが一定量伸びると、下の文字がErasing… に変化して10秒ほどすると…

文字 android のアニメーション画面に切り替わります。

ここから約7分ほど、ずっとアニメーションしています。ドキドキしますが、必ず終わります。じっと待ちましょう。

約7分後…

起動順によって出ないかも知れませんが、この画面(位置情報の精度を改善しますか?)が出たら、書き換えは成功しているはずです。AGREEでもDISAGREEでも構いませんがタップすると、次の画面に進みます。

アップデートに使用したSDカードが刺さったままなので、カードが認識されると、再びアップデートしますか?の画面になります。
が、書き換えはすんでいますのでこれはCancelを押して、後でSDカードを抜きましょう。

カスタムROMバージョンのホーム画面が立ち上がりました!

あとは設定などを詰めていきましょう。

とりあえず流れだけをご紹介いたしました。

PX5/4GBはもうすぐAndroid8版が本格流通するかもですが、カスタムROMはAndroid6が主流です、さああなたもはじめてみませんか(・∀・)

2 thoughts on “【TE103P】Malaysk氏謹製カスタムROM6.2版に書き換えてみる【XTRONS】”

  1. 昨日、TE103Pを購入したのですが
    同じカスタムROMバージョンで
    開発者向けオプション出ますでしょうか?

    宜しくお願い致します。

    1. scoot さんこんにちは、返信が遅くなって申し訳ありません!

      ご質問の開発者向けオプションですが、うちのでは普通に出てきますよー

      最近、特にいじる用事がなくなってしまい(^_^;、どうやって出したか分からないですが…
      開発者向けオプションを出すためのアプリを使って出す とかいうのも見たことがありますが、
      うちのには入れた記憶が無いです・・・(^_^;

      とりあえずそんなところでしょうか、参考になれば幸いです~!(ならない?(^_^;)

コメントを残す