【TB103AP】AnTuTu ベンチマークを採ってみる|中華Android2DIN車載ナビ【XTRONS】

XTRONS TB103AP 8コアCPUの本領発揮?ベンチマークを採ってみた

ベンチマークテストなどをやってみました。

測定環境

  • ROM: Malaysk カスタムROM Ver.4(Android6.0.1)
  • MCU: MTCD_GS_2.56_1
  • CPUクロックはSetCPUで1200MHz固定
    (CPUガバナ: performance /I/O scheduler: noop)
  • アプリはGPSロガーが動いてたぐらいで、他は閉じたつもり

Antutu Benchmark にて測定

測定の様子。最初に3Dのリアルタイムレンダリングが流れ、3D演算の測定。その後、さまざまな項目をチェック中・・・の画面が出て来て…

待つこと2~3分ほどで測定結果が表示されます 。

TB103APの AnTuTuベンチマーク結果

Overall :36230

3D: 8835
UX: 11637
CPU: 11565
RAM: 4193

という結果でした。

TB706APの人の記事ではスコア40000越えとかもあるようですが、何度測っても36000台が限界でした。どこに10%の差が…!?何が違うんでしょうか(´д`)

Android6搭載の中華製車載ナビ。あなたも是非こちらの世界に足を踏み入れましょう( ´▽`)

「【TB103AP】AnTuTu ベンチマークを採ってみる|中華Android2DIN車載ナビ【XTRONS】」への6件のフィードバック

  1. はじめまして!
    Android Navi導入に向けて記事を読ませて頂きました。
    TB103APをエスティマへ設置しようと思っているのですがOfficialのページにサイズ表記はあるのですが2DINユニットからモニター部が左右上下でどのくらいはみ出ているのかがわかる資料が見当たりませんでした。。。サイズ情報を記事にしていただくことはできませんでしょうか。また、取り付け後の画像を拝見するとエアコンのルーバーがモニターで隠れている様に見えるのですが普段はそのまま使用しているのでしょうか。
    以上、宜しくお願い致します。

    1. たかちゃん★さんこんばんは、はじめまして。コメントありがとうございます!

      せっかくコメントをいただいていたのですが、ちょっと忙しくて返信できてませんでした。
      せり出しのサイズ感ですが…、先ほどスーパー雑な記事にしましたのでご覧下さい。
      【TB103AP】2DINからの飛び出しサイズ感 | Android6 10.1インチ 車載ナビ【XTRONS】

      エアコンのルーバーですが、おっしゃるとおり、ずっと吹きさらしになっています(^_^;
      直風が欲しいときや、暑い時はモニタを前に倒して、ルーバーが見えるようにしています。
      吹きさらしの弊害としては、風が当たっていると、本体内蔵のマイクが風切り音で役に立たなくなる…程度でしょうかね。
      マイクはあまり役に立たないので使ってないのですが、どうしても使いたいときは一瞬エアコン止めるとかが必要かも知れません。

      雑な記事で申し訳ないのですが、参考になれば幸いです。また遊びに来て下さいね(^_^)/

  2. 記事にしていただきましてありがとうございます!
    大変参考になりました。
    フィッティングを確認して検討したいと思います、

    1. たかちゃん★さん、こんばんは。

      返信ありがとうございます(^_^)/
      参考になったようで幸いです、無事取り付けられましたらまた遊びに来て下さいね!

    1. 小川さん、こんにちは、コメントありがとうございます(^_^)/

      >最新のandroid7の中華ナビどう思いますか?
      化石レスとなってしまいましたが…
      とのことですが、現在出始めているAndroid7のは何故か4コアのPX3のものですので、
      気になってはいますが、わざわざ買い換えるほどの動機がなくてヤキモキしております(・∀・)

      性能的にどうでしょう?メモリが2Gあれば大丈夫なのでしょうかねえ。

      そのうちPX5のNougatも出るんじゃないかなあと思いますので、それまでワクテカしております(^_^)/

コメントを残す