【急に】中国に修理に出したTB103APが突然返ってきた【送ってきた】

中華ナビ、TB103APを修理のために中国に返送した話 その3

急にDHLからSMSが

特にAliのメッセージで発送しました…などの連絡はなかったのですが、突然DHLからSMSが入りました。

最初のメッセージでは2/14に配達予定になっていますが、本日2/13に送られてきました。

そんなわけで急に送られてきました

 

↑謎の用紙がついています…つまり…↓

また関税消費税と手数料取られた(>_<)

※修正:関税ではなく、内国消費税でした。修正します

関税消費税が1000円掛かっています( ´▽`)さらに、DHLが納税を立て替えてるので、その手数料を1080円取られています(^_^;

修理上がり品なので、異議申し立てすれば返還されるような気がしますが、…もういいか(´д`)

段ボール裏にはTB103AP-“REF”の文字

開封して確認すると、シリアルナンバーが違います。現物修理ではなくリファービッシュ品が送られてきたようです。もしかしたら4GB版に変わってるんじゃね?とか、一瞬期待しましたが…

2GBのAndroid6版でしたw

とりあえず無事に起動したようです。

重量を節約するために本体とモニタ部分のみを修理のために返送しています。GPSアンテナやコネクタ、付属品など送らなかったので、返送品も同じ内容で送られてきました(^_^;

 よくみればモニタの塗装がハゲています…

リファービッシュなってへんやんw

まあ、こんなことでいちいち怒ってもしかたないですし心も額も広いのでウルセッ 気にしませんけど(´д`)ウルセッ

ということで修理完了…。

ということで、修理(交換)が完了しました。1/22に送って、2/13に帰ってきました。およそ3週間で帰ってきた感じです。おつかれさまでした。

返送するのに掛かった送料約5000円+戻ってきた時関税消費税1000円+手数料1080円

ネタとしては結構な出費でした(>_<)

 

さて、返ってきたコレどうしよう?

故障したときに、新しいTE103P買ってしまったので、もはや使うところがない…いろいろ家で実験するのに使いましょうか…?いや、絶対要らんな・・(^_^;

ちょうど最近カスタムROM Ver.7が出たようなので入れてみようかな。

 

 

おとなしく国内代理店で買っておけば、万一の修理も国内送料でOK(>_<)気がつけばOreo版に差し替わっている中華ナビはこちらから

「【急に】中国に修理に出したTB103APが突然返ってきた【送ってきた】」への2件のフィードバック

  1. んー後期であるTE出てる以上
    カスタムROMにしてオークションにだしたところでですなw
    もーこれはセリカ帰ってきたら
    インダッシュとオンダッシュで2だ・・・ゲフゲフ
    凄く期待!!
    そしてある種究極のネタ(笑)
    マルチウィンドウじゃなくて
    まさにマルチモニター!!!(爆)

    1. ノーティーボーイさん、こんにちは。

      まだ車が帰ってこないのでw2台のせは叶わぬ夢ですが( ´▽`)

      TB103APは、実験台に最適なので Android6→8にアップデートする生け贄にしてみました。
      何回か無反応になった(気がした)り、絶望しましたが、なんとか作業自体は成功したようです。

      これ、やってしまうと、もう6に戻せない気がするので、メインでは今のところやらないかなぁ~的な感じで(^_^;

コメントを残す